【ミュゼプラチナムの予約変更】キャンセルや予約変更の方法は?キャンセル料は?

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

気軽にキャンセルしたいのなら電話ではなくて、契約する時に登録する会員サイトを使うと簡単に予約のキャンセルができます。

会員サイトから解約する方法は、

① WEBでミュゼの会員サイトを検索して、会員番号かメールアドレスとパスワードを入力してログインする。

② 会員サイトにログインすると現在の予約状況が表示されます。そこに「この内容をキャンセル」というボタンが表示されるのでそれを押します。

③ 再度確認のために表示されるキャンセルのボタンを押すとキャンセルが確定されます。

こんな感じで会員サイトにログインして少しの操作でキャンセルができるので、ミュゼに直接電話するよりも簡単に予約のキャンセルができます。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

次にミュゼのアプリからキャンセルする方法です。

ミュゼ独自のアプリのミュゼパスポートはキャンセル待ちなど、Webサイトよりも便利な機能が豊富にあるので必ずダウンロードしましょう。

アプリでのキャンセル手順は、

① ミュゼパスポートをタップして会員番号かメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

② マイページを開いて「キャンセル」か「変更ボタン」をタップします。

③ 再度確認のために表示されるキャンセルボタンをタップするとキャンセルが確定します。

キャンセルの方法はほとんどWebの会員サイトと同じですが、アプリのほうがいちいち検索する手間がないので、簡単に予約の変更ができると思います。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

3つ目の方法がミュゼに直接電話してキャンセルする方法です。

電話で脱毛の予約を取るときと同じで、「ミュゼコンシェルジュデスク」(0570-082489)に電話して予約をキャンセルすることを伝えましょう。

ミュゼコンシェルジュデスクは特に定休日などはありませんが、電話の受付時間が9:00~18:00までなので、この時間内に電話をかけましょう。

受付時間を過ぎてから電話でキャンセルの連絡をする場合は、直接予約している店舗に電話をしてキャンセルしましょう。

アプリや会員サイトと違って電話で直接やりとりができるので、キャンセルしたあと次に予約を入れることもすぐにできますが、電話が繋がるまでの時間がかかります。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ミュゼプラチナム、予約変更、キャンセル、予約変更、方法、 キャンセル料

【ミュゼプラチナムの予約変更】キャンセルのキャンセル料と予約の予約変更について
ミュゼプラチナムの予約変更について解説しています。キャンセルした時のキャンセル料がいくらかかるのかと、予約の予約変更をしたときに最初の日付からどれくらい間隔があくのかについて書いています。都合が悪くなって予約を変更するときに役立つ情報を書きました。

ミュゼのカウンセリングの予約変更やキャンセルは電話かWebでしましょう。

Webでキャンセルする方法はカウンセリングの予約をした時に送られてくる、予約完了メールにカウンセリングの変更とキャンセル専用のURLがあるので、そのURLから予約の変更とキャンセルをしましょう。

なにかの理由で予約完了メールが送られてこないときは、Webで変更するよりも時間はかかりますが、カウンセリング予約完了ダイヤル(0120-489450)に電話しましょう。

カウンセリング予約完了ダイヤルの受付時間は10:00~18:00までです。

ミュゼのカウンセリング予約の場合は、24時間前や直前でキャンセルしたとしても特にペナルティーなどはありませんが、できるだけ早い段階でキャンセルの連絡はしましょう。

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼプラチナム、予約変更、キャンセル、予約変更、方法、 キャンセル料

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

ミュゼでは予約当日にお客様自身の都合によりキャンセルしたとしても、キャンセル料などはかかりません。

ただ、解約する時に直前で解約した日の予約が消化扱いとなるので返金される金額が変わってきます。

解約しなければ回数保証制度がミュゼにはあるので、キャンセルしたとしても施術の回数が減るということはありません。

他の脱毛サロンだと施術当日に予約をキャンセルした場合は、キャンセル料や施術回数が減ったりしますが、ミュゼでは解約した時の返金料が少なくなることいがいにペナルティーはありません。

ただ、当日キャンセルをしてしまうと施術の準備をしている店舗にかなり迷惑がかかってしまうので、どうしようもない理由以外はなるべくキャンセルしないようにしましょう。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

ミュゼは当日キャンセルをしたとしてもペナルティーやキャンセル料はかかりません。

ただ、ミュゼを解約する時に当日キャンセルした分のお手入れ分が消化されたというこいうことになり、解約した時にその施術分は返金されません。

ちなみに当日キャンセルはお手入れ開始時間を24時間を過ぎた後に、予約の変更やキャンセルをした場合に当日キャンセルとなります。

ミュゼを契約したものの途中で解約するかもしれないと思っている人は、解約した時に返金額が減るのが嫌な人は当日キャンセルをなるべくしないようにしましょう。

施術回数自体は回数保証があるので契約期間内であれば、契約した回数だけ通うことができるのですが、解約する時に1回分の施術料金を無駄にしてしまうので注意しましょう。

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

脱毛サロンで脱毛コースを契約すると普通は、直前のキャンセルは1回までなら許されて、2回目いこうは1回分の施術が消化されることがほとんどです。

しかし、ミュゼは契約期間内であれば契約した回数が保証される回数保証制度という制度があるため、直前で施術をキャンセルしたとしても施術が消化されるということはありません。

どんなに計画通りに予定を組んでいたとしても、何か急に用事が入ってどうしても直前でキャンセルしないといけないということもあると思います。

ミュゼでは急にキャンセルしないといけないような用事が入ったとしても、回数保証制度があるので契約期間が終わるまでは安心してお手入れを受けることができます。

ミュゼの契約期間について

ミュゼではコースごとに契約期間が設定されていて、契約期間内でしか脱毛サロンに通うことができず、解約や回数保証制度もこの期間でしかできません。

2016年6月1日から後で契約した方は一律3年までしか契約できません。ただし、最長5年までですが、お手入れをするごとに1年間延長ができます。なので、実質契約期間は最長で5年間あります。

こんなことはないかもしれませんが、契約してから一度も通っていないとそのまま3年間の契約で契約が切れてしまうので必ず1度は通いましょう。

ただし、通い放題コースに関しては契約時期によって契約期間がかわって来るので注意しましょう。

自分がいまどれくらい契約期間があるのか確認する時は、契約書か会員サイト・ミュゼパスポートのご契約コース内容で確認できます。

ミュゼの回数保証制度について

脱毛サロンでは当日キャンセルしたら回数消化といって、脱毛の施術を受けていないのに受けたことになります。

こうなるとせっかく10回コースで契約したのに、1回分お金が無駄になり途中解約するときも1回分の施術代金が戻ってこなくなります。

ミュゼでも当日キャンセルした場合は施術回数が1回分消化されてしまい解約する時は1回分の施術料金が帰ってこなくなります。

ただし、解約する時は施術回数の1回分が引かれた料金になりますが、契約期間が残っているうちは契約分の回数を通うことができます。

契約期間中は必ず契約回数は通えるので、途中で解約をしなければ何回当日キャンセルをしてしまったとしても、施術回数は減ることはないので損することはありません。

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼプラチナム、予約変更、キャンセル、予約変更、方法、キャンセル料

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼを予約する時の変更方法は以前までは予約日の前日23時59分まででしたが、変更になってからお手入れ開始時間の24時間前というようになりました。

なので、仮に10月22日の15時に予約したとしたら10月21日の14時59分までに予約のキャンセルか変更をしてください。

24時間を過ぎてからのキャンセルは災害などの特別な場合を除いて基本的には当日キャンセル扱いになりますので注意しましょう。

通い放題プランを契約していて途中で解約する気がないという人であるのなら、当日キャンセルの期限を気にすることはないのかもしれませんが、回数プランを契約していてまだ最後まで契約をやり続けるのかどうか迷っている人は当日キャンセルしないように気をつけましょう。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

当日キャンセルとみなされる条件として、予約したお手入れ開始時間までに来店がないとキャンセルになります。

数分の時間の遅れくらいならどうにか大丈夫かもしれませんが、数十分も遅れてしまうと当日キャンセル扱いになるのは間違いないでしょう。

なぜ当日キャンセル扱いになるかというと、施術時間は決められていて次の予約のお客さんもいるのでその時間に遅れてしまうと、例えば全身脱毛の予定だったのに上半身しか施術ができないということになります。

数分遅れるだけでもサロンで十分な施術が行えなくなる可能性があるので、時間に余裕をもって施術開始時間に間に合うようにしましょう。

また、少しでも施術開始時間に遅れてしまう場合は店舗に直接電話しましょう。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

予約の変更はお手入れ開始時間の24時間前というように変更されたと書きましたが、この時間を過ぎてからの変更はキャンセル扱いになります。

無断キャンセルをするよりかは連絡してキャンセルするほうがまだいいですが、どうしても当日にキャンセルすると前日にサロン側が施術時間やコースによって予約人員を決めて予約の枠を取っていたのに穴ができてしまうことになります。

そうなると、サロン側も不利益となるのでどうしても当日キャンセル扱いとなります。

回数保証制度がミュゼにはあるので当日キャンセルになったとしても、回数自体は減らないのですが解約した時の返金額が変わってきます。

また、再度予約し直さなければいけないので契約期間内に施術回数できるのかが微妙になります。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼ公式アプリの「ミュゼパスポート」だけの機能なのですが、キャンセル待ちをすることができます。

このキャンセル待ちができるというのがWebのミュゼ会員サイトを使うよりも、アプリのミュゼパスポートを使ったほうがいい最大の理由です。

アプリでのキャンセル待ちはただのキャンセル待ちではなく、自分が希望する日にちと時間帯を設定すると空きがでたときに自動で通知してくれます。

また、キャンセル待ちの状況などによりどれだけの時間キャンセル待ちをキープできるかわかりませんが、通知が来てからの一定の時間は通知が来た本人だけが予約ができるので安心です。

もっと簡単に多くの人が予約を取れるように新たにキャンセル待ちの機能が搭載されたので是非使ってみましょう。

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

ミュゼプラチナム、予約変更、キャンセル、予約変更、方法、 キャンセル料

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

当日寝坊などの理由で来店することができず無断キャンセルとなってしまった場合は、サロンから直接契約者の方に電話がきます。

無断キャンセルの場合も当日キャンセルと同じような扱いになるので解約する時は返金対象となりません。

無断キャンセルをするとお店側にかなり迷惑がかかり、当日キャンセルの枠を取ることも難しくなるので、間に合わないと思ったときはキャンセルの連絡を必ずしましょう。

予約した方がしっかりと来ることでミュゼと契約している方全体が効率よく平等に施術を受けることができるため、他のお客様の予約枠を確保するためにも無断キャンセルは絶対にやめて、どうしても直前でキャンセルする場合は電話かWebかアプリで予約のキャンセルと変更をしましょう。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

どんなことがあってもお客様のことを考え契約期間内であれば、契約回数を保証しているミュゼだからこそ、例え直前でキャンセルや無断キャンセルがあったお客様でも罰金などのペナルティーもなく通えます。

解約する人だけが当日キャンセルした分のお金が帰ってこないということからペナルティーを受けてと言えますが、そのまま契約を満了する人は大丈夫です。

他の脱毛サロンやクリニックで無断キャンセrをすると間違いなく施術回数1回分が消化されますし、厳しいところだと罰金をくらうところもあります。

ですが、ミュゼは回数保証制度という他のサロンでは考えられないような制度があるので、予約を忘れていたりして自分のミスで予約をキャンセルしたとしても、契約回数が保証されるのはかなり良い制度だと言えます。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

ミュゼでは無断キャンセルをしたとしても、次回の予約をとることは可能です。

回数保証制度があるおかげで施術回数が減ることはないので、次回の予約を取ることはできます。

ただし、次に予約を取るまでに期間が空いてしまうので、施術間隔などを考えると契約期間中に契約した回数の施術を終えることができない危険があります。

そういったことを考えると直前にキャンセルをしたとしても、次回予約ができるものの、できるだけ計画通りに施術に通うことが大事になってくると思います。

次回の予約が取れるからといってもキャンセルを繰り返すと、脱毛の効果が現れるまでの期間が短くなるだけではなく、他にミュゼを契約している人の予約枠を潰したり取ったりすることに繋がるので、直前キャンセルはやめましょう。

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼプラチナム、予約変更、キャンセル、予約変更、方法、 キャンセル料

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼでは施術当日に生理がきて施術をキャンセルしなくては行けない時は、そのキャンセルは当日キャンセルとしてしょりされてしまいます。

生理は体の現象として仕方がないことなので、当日キャンセルにはならないのではないかという考えもわかりますが、ミュゼでは当日キャンセル扱いとなってしまうので注意しましょう。

できるのなら自分の生理周期に合わせて予約を取っておいたほうが直前にキャンセルをすることなく通えると思います。

施術当日に生理がきてキャンセルをしなくてはいけなくなった時は、予約している脱毛サロンに電話していけなくなったことを伝えましょう。

生理痛で電話をするのもキツイという方もいると思います。そのような場合はアプリかWebサイトで予約の変更をしましょう。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

生理中は衛生的な観点からVIOの脱毛処理を行うことができません。

デリケートゾーンの施術をした時に経血がベッドに付着したりして、感染症が起きるリスクは少なからずあるので、デリケートゾーン以外の施術のみ受けることができます。

また、いくらタンポンなどをしいても肌の状態などで、生理中なことはわかってしまうので生理の時は必ず施術してくれるサロンに伝えましょう。

生理中にVIOの施術ができないということは、生理の周期なども考えて脱毛の計画をたてないとVIO脱毛もセットで契約している方はVIOだけ脱毛処理が進まないままになってしまいます。

生理の期間は人それぞれですし周期が途中で変わることもあるので、そこらへんを考えて予約をしましょう。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

ミュゼの脱毛コースの中で1番お得なのは両ワキ+Vライン脱毛です。

このプランがいいのは2つの部位が通い放題100円で通えることです。

ただ、あくまでも両ワキ+Vラインなので両ワキだけを施術してもらうということはできません。

両ワキだけを施術してほしいなら値段は高くはなりますが、フリーセレクト美容脱毛コースでワキだけを契約して施術してもらいましょう。

フリーセレクト美容脱毛コースの場合だとワキはSパーツに分類されて、デイプランだと2万円弱で、ナイトプランだと3万円弱の値段になります。

100円の両ワキ+Vラインコースと比べるとかなり高額になりますが、どうしてもVラインは脱毛したくないという場合はこのプランを契約しないとワキだけの施術を受けることができません。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

ミュゼでは生理中は衛生的なことを考えてVIOは施術しませんが、それだとVIOの部位だけ施術回数がすくなくなり計画的に脱毛がすすまないと思う方もいると思います。

そこで安心なのがミュゼではお客様が生理中でデリケートゾーンの施術が受けられない場合は、また日を改めて別日でVIOだけの施術を受けることができます。

生理が終わりかけだと思って施術を受けたとしても、少量でも出血があると施術を受けることはできません。

また、生理の期間が思ったよりもくるのが遅くなったせいでデリケートゾーンの施術をうけることができないということもあると思いますが、ミュゼではそんな時でもデリケートゾーンだけ施術時期を変更できるのでかなり助かると思います。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

生理中はどうしてもホルモンバランスが崩れてしまうため、肌があれて吹き出物ができてしまうことが多いです。

そんな状態で肌を少なからず傷つけてしまう脱毛の施術をすると、よけいに肌荒れや炎症などの肌トラブルが起きる可能性が高くなります。

生理中に施術を受けるということはそれなりにリスクがあるということを考えた上で脱毛しましょう。

もしも、本当に施術を受けられるか不安だという人は、なるべく早めにミュゼの脱毛サロンに相談して、生理が終わった後に予約日をずらしてもらうなどをしてもらいましょう。

肌の体調がよくなる生理後は脱毛するのに最適なタイミングなので、できることならこの時に脱毛をしてできるだけ肌の負担にならないように施術を受けましょう。

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ミュゼプラチナム、予約変更、キャンセル、予約変更、方法、 キャンセル料

ミュゼの予約変更やキャンセルについて書いてきましたがまとめると、

・会員サイトだと24時間予約の変更ができる

・ミュゼのアプリのミュゼパスポートだと、会員サイトではできないキャンセル待ちができる

・24時間いないに予約の変更をしないと当日キャンセル扱いになってしまう

・無断キャンセルや当日キャンセルをしたとしても回数保証制度があるため契約期間内であれば回数はへらない

・無断キャンセルや当日キャンセルをすると契約途中で解約する時にキャンセルした分の施術回数分の解約金が帰ってこない

・生理で予約を当日キャンセルするときも当日キャンセルになる

・生理中もデリケートゾーンいがいなら施術を受けられる

キャンセルまちができることや当日キャンセルしたとしても、回数保証制度のおかげで施術回数が減らないというのがミュゼの大きな特徴です。

【ミュゼの口コミ】ミュゼプラチナムの評判と脱毛の効果について
この記事ではミュゼの口コミについて書いています。ミュゼプラチナムの評判について、良い口コミと悪い口コミの両方の意見を書いています。実施にミュゼプラチナムで脱毛すると効果が実感できるのか、ということについても詳しく説明しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました