【ミュゼの脇脱毛】脱毛効果の回数と期間。痛みはあるの?

この記事を読んでわかることは、

・ミュゼの脇脱毛はどのくらいのペースで通うのがいいのか

・ミュゼのワキ脱毛がの料金とプランについて

・ミュゼの脇脱毛に通うと何回くらいで効果がでてくるのか

ミュゼの脇脱毛について効果をまとめました。

ミュゼの脱毛プランの中で脇脱毛だけ通いたいと、考えている方に向けて脇脱毛ができるプランとプラン料金を書いています。

あまり脱毛に通う時間がとれないという方に向けて、どれくらいの頻度で脇脱毛に通えばいいのかも調べています。

まとめで効果、回数、料金。についてまとめたので時間が早く結果が知りたい方は、まとめから読むことをオススメします。

全身は脱毛しなくてもいいけどワキだけピンポイントで脱毛したいという人に向けて、わかりやすくまとめたので参考になれば嬉しいです!

ミュゼのワキ脱毛は何回で終わる?通う回数について

ミュゼの脇脱毛についてワキ脱毛の回数

ワキ脱毛は最低5回の施術が必要

ワキ脱毛をして効果のある状態までするためには、少なくとも5回以上は施術をしないとあまり効果はありません。

1回も脱毛をしたことない人がミュゼで脱毛をすると、1回の脱毛で簡単に毛が抜け落ちたように思うかもしれませんが、最初に抜け落ちた毛はほんの一部なので脱毛してからしばらくすると抜け落ちた毛とはまた違う毛が生えてきます。

そのためワキ毛が目立たない状態にするには最低でも5~6回は通わないとはっきりいって効果はありません。

また、ワキ毛は体の毛の中でも毛が密集している場所なので、何回も脱毛を繰り返さないとうまく毛が抜けてくれません。

夏などはワキ毛が他の人から見えないか気になる方も多いと思いますが、目立たなくするには施術の回数と時間が必要なのでその期間を考えて脱毛にかよいましょう。

ワキ脱毛は8回コースを選ぶのが適切

ワキ脱毛は毛が抜けにくいと言われてますが、人によってワキ毛の濃さは違うと思います。

そんな中で平均してワキ脱毛に効果があると言われているのが8回コースです。

8回コースでワキを脱毛するといくら毛が密集していてしつこいと言われているワキ毛でも、毛の1本1本が細くなって目立たなくなってきます。

8回コースが終わるころには毛の内部にあるバルジ領域にかなり光脱毛の効果が現れているので、数週間ほどワキ毛を処理しなくても気になならないくらいの状態になっていると思います。

個人差はありますが8回コースで完全にワキ毛をゼロにするというのは難しいですが、毛が生えてくるスピードをかなり遅くして、自己処理の回数を少なくしたいのであれば8回でも十分効果があります。

希望の仕上がりによって必要な回数を選びましょう

自己処理を楽にしたいなら8~10回コースがおすすめ

どうしても脱毛する人の体質によって脱毛の効果については、バラツキが出てきてしまうのですが、ミュゼのワキ脱毛だと4~6回目で脱毛を終えたころには、最初のころと比べてだんだん毛が細くなるのど、脱毛効果が実感できてくると思います。

4~6回目の効果よりも脱毛の効果を高めて、自己処理の回数を減らしたいというのであれば、8~10回のコースがオススメです。

脱毛の回数が10回前後になると明らかに毛の生えてくるスピードが、それまでの脱毛回数よりも遅くなることが多いです。

そうなると、自己処理の頻度がへるため日々のムダ毛処理の時間が短くなり楽になります。

完全に脱毛する必要はないけどワキのムダ毛処理の頻度は少なくしたい、という人は10回前後通うことを目安にしてください。

無毛にしたいなら回数無制限コースがおすすめ

ただ、自己処理の頻度をすくなくしたいというのではなく、完全に毛をなくしたいというのであれば、絶対に回数無制限のコースで契約しましょう。

はっきり言って自己処理を楽にしたいくらいの脱毛の頻度であるのなら、10回程度通うだけでいいのですが、完全に毛が生えてこない無毛状態に近い状態にしたいのなら人によって満足できる状態になるまでの時間が違います。

人によっては無毛の状態になるまでに15回程度で満足する人もいれば、30回近く通わないと自分が満足できる状態になるまで時間がかかる人もいます。

確実に言えることは8回コースや10回コースなどの回数限定のコースで、無毛状態にすることはかなり厳しいので絶対に無制限コースにしましょう。

脱毛サロンの脇脱毛は永久脱毛はできない

永久脱毛の定義

永久脱毛と聞くと一生毛が生えてこないというイメージを持つ人が多いと思いますが実際は違います。

アメリカの脱毛協会が定義している永久脱毛の定義は、最後に脱毛してから1ヶ月後に毛が再び生えてくる量が20%以下の状態を永久脱毛だと定義しています。

つまり、毛が全く生えてこない状態というわけではなく生えはくるけど、20%以下に抑えられている状態をキープしていることが永久脱毛です。

医療クリニックでよくある永久脱毛プランというのは、毛の再生率が20%以下に抑えられている状態になるまで通えるという意味です。

永久脱毛と定義されている状態になるまでに一体どれだけ通わないといけないのかは、人によってかなりの個人差があるので一概には言えませんし、脱毛する部位によっても回数は違ってきます。

永久脱毛というのは脱毛した場所が一生ツルツルの状態で、毛が生えてこなくなるというわけではないということを覚えておいてほしいです。

永久脱毛はレーザーまたはニードル脱毛のみ可能

永久脱毛をしたいので脱毛方法はレーザー脱毛かニードル脱毛を選びましょう。

理由はどちらの脱毛方法も毛が生える原因となる細胞を破壊することを目的として脱毛ができるからです。

この2つの脱毛方法と比べて光脱毛がなぜ効果がそこまで高くないと言われるのかというと、光脱毛では毛を生やす細胞を破壊するだけのダメージがないので、根本的に毛が生えづらい状態を作るのが難しいです。

レーザー脱毛とニードル脱毛の脱毛方法を詳しく説明すると、レーザー脱毛は毛が生える原因となる細胞にレーザーを直接当てて焼ききるというもので、脱毛効果は高いのですが施術の時の痛みがかなりあり、人によっては施術後に肌が荒れたり赤身がでることもあります。

ニードル脱毛は毛が生えている毛穴に直接針を入れて、電気や高周波を流して毛根にダメージを与えます。

レーザー脱毛と比べると毛の再生率が低いというデータがあるものの、痛みがかなりあります。

ホルモンバランスの影響で脱毛完了後に毛が生えてくることがある

実は永久脱毛の状態になっても年を重ねるにしたがって、脱毛が完了した部位からまた毛が生えてくることがあります。

その原因として言われているのが年齢や生活習慣によるホルモンバランスの崩れです。

脱毛が完了した時はホルモンバランスが正常であったとしても、年齢などが原因で男性ホルモンが増えてくることによって新たに毛が生えてくることが考えられます。

年齢以外でホルモンバランスが乱れるきっかけとして、

食生活の乱れ・喫煙習慣・妊娠・出産・更年期障害・夜型の生活・過激なダイエット・ストレスなどが挙げられます。

妊娠・出産・更年期障害というのはどうしも避けられないのですが、それ以外のホルモンバランスが乱れる要因は、どうにかして防ぐ方法があるのでできるだけ体のバランスが崩れないようにするのが、永久脱毛の状態をキープするために重要です。

18歳未満

サロンによってルールは違うものの、基本的に18歳未満の未成年の方でも脱毛することはできます。

どのサロンでも生理を毎月順調に迎えられているのなら契約ができます。

早いうちから脱毛をして自己処理を楽にするというのは大切ですが、どうしても未成年の毛は成人の毛と比べて、細いので1回当たりの脱毛効果を実感できにくいです。

また、施術回数を重ねてある程度まで脱毛できたとしても、成長途中である未成年の状態では、大人になるにつれてホルモンバランスが変化することが原因で、脱毛した場所の毛が再発する可能性が高いです。

妊娠・出産後

妊娠中に脱毛をするのは控えたほうがいいです。

妊娠中の体内はホルモンバランスがいつもの状態と比べてかなり違うため、肌荒れや便秘などが起きやすい状態にあります。

普段よりも体が傷つきやすく脱毛するには向かない状態であることと、脱毛したことが原因で肌が傷ついたとしても、妊娠中だと炎症薬が使えないということもあります。

これらの理由で妊娠中に脱毛するのはやめたほうがいいです。

ではいつから脱毛を再開してもいいのかという目安は、授乳期間が終わったあとが脱毛を再開するのにいいタイミングです。

ミュゼの脇脱毛に通う頻度は?どのくらいのペースで通う?

ミュゼの脇脱毛とワキ脱毛は何回

ミュゼの施術間隔は1~3カ月に1回

ミュゼで脱毛をする間隔は施術をしている回数にもよりますが、1~3ヶ月に1回となっています。

1~3ヶ月に1回しか施術ができないということは、ワキ脱毛で効果が実感できてくる回数の5~6回目まで施術回数をするには、1年以上は確実にかかるという計算になります。

もしも夏までにムダ毛を少なくしたいというように、期限を決めているのならこの施術間隔から期間を逆算して早めに脱毛を始めないといけません。

できるなら毎週脱毛の施術を受けてどんどんムダ毛を減らしていくというのが理想だとは思うのですが、毛が生えてくる仕組みを考えるとそのように短い間隔で施術をしても効果的な脱毛効果は望めません。

なぜ短い間隔で脱毛できないのかについて説明していきます。

脱毛の間隔は毛周期に合わせると効果的

体毛には毛周期というものが存在していて、成長期→退行期→休止期→成長期・・・というようなサイクルで全身の体毛は抜けたり生えたりを繰り返しています。

では一体どんなタイミングで脱毛するのが1番ベストなのかというと、成長期の時に脱毛をするとそのまま、退行期→休止期という流れで脱毛ができます。

この毛周期は毛が生えている部位ごとに違うというのではなく、毛1本1本で毛周期はバラバラなので、ワキ毛を脱毛したときも成長期の毛には効果があるのですが、退行期や休止期にある毛には効果がないため効果にバラツキがでてきます。

そのため、同じ部位に何度も施術を繰り返して全部の毛が均等になくなるようにしないといけません。

ミュゼの施術間隔が1~3ヶ月となっているのもこの毛周期に合わせて脱毛しているからです。

毛周期とは?/成長期

毛の成長期は前期と後期で分かれています。

前期では毛を生やす機能がある毛母細胞が活発に活動している時期で、いまから毛が成長しようとしている時期です。

ただし、まだ皮膚の表面に毛が出ているような状態ではなく、この時期にライトを当てて脱毛すると脱毛効果が高いです。

成長期後期は肌の表面に毛が伸びて一定の長さにまで毛が伸びた状態です。この伸びた状態から成長期後期は始まるので、毛周期の中でも成長期後期が一番長いです。

成長期は毛周期の中で一番長いですが、それでも全体の毛の量の10%~15%なので脱毛するためには何回も通わないといけません。

毛周期とは?/退行期

成長期後期の後にくるのが退行期で、この状態だと毛の成長が止まり皮膚の中で止まっていた毛が剥がれて自然と抜けやすい状態になります。

毛が抜けやすくなっているのならこの時期にライトを当てると1番効果があるんじゃないかと思うかもしれませんが、脱毛ライトがメラニン色素に反応します。

このメラニン色素が1番あるのが成長期で、退行期にはメラニン色素は薄くなっています。

そのため退行期の毛にライトを当てても成長期よりかは脱毛効果が期待できません。

毛周期とは?/休止期

退行期のあとに来る休止期の状態は毛が毛根から完全に抜け落ちた後の状態です。

毛が抜け落ちたあとに一定の期間を経てからまた成長期になっていくというサイクルになります。

この時期も毛がなくなりメラニン色素がなくなっているため、脱毛機を使っても脱毛効果はありません。

脱毛部位によって毛が生えてくるタイミングがバラバラなのも、このように脱毛部位が退行期と成長期の毛によって脱毛効果がかなり違ってくるため何回もライトを当てないといけません。

毛周期は部位によって異なる

脇の毛周期

ワキの毛の毛周期は約6~8ヶ月と言われています。

ワキの成長期は3~4ヶ月でその後に同じくらい、退行期+成長期にはいるため長いと8ヶ月以上はかかります。

ワキの毛周期は腕や足の毛と比べると毛周期がながく毛が濃いので、脱毛効果が出てきていると思っても、長い間休止期に入っていた毛が突然生えてきたりすることがあります。

そのため他の部位と比べると完全に脱毛が完了して、数ヶ月放置しても毛が生えてこない状態にするにはかなり長い期間が必要なので、脱毛をするなら早く始めましょう。

VIOの毛周期

VIOの毛周期は成長期だけで1~2年続き、その後の退行期と休止期で1年~1年半とかなり長いため約3年くらいで毛周期が回ります。

VIOは体の部位の中でも特に毛周期が長いので、脱毛効果が出るまでにかなりのバラツキが出てきてしまいます。

また、脱毛効果が高い成長期に入っている毛だとしてもVIOに生えている毛はかなり濃いので何回もライトを当てないとなくすことはできません。

毛周期に関してはどうすることもできないので、VIOを脱毛するのであれば気長に時間をかけて脱毛することが重要になります。

顔の毛周期

顔の毛周期はワキやVIOと比べるとかなり短くて、1~2ヶ月で毛周期のサイクルが回ります。

顔の毛はVIOやワキなどの毛と比べると、もともと薄いので効果を実感するまでに時間がかかりますが、毛周期のサイクルが早くまわるので脱毛効果を実感するまでに時間はそこまでかかりません。

顔に10回以上照射することによって顔のうぶ毛がぽつぽつと抜けてきて、化粧ノリがよくなったりするおかげで、脱毛の効果を実感できると思います。

太もも・膝下の毛周期

太ももやヒザ下の下半身の毛周期も1ヶ月半から2ヶ月のサイクルでだんだんサイクルが変わってきます。

太ももの毛は濃ゆい毛が多いので脱毛をはじめてから3~6回ほどでは脱毛効果を実感できるものの、脱毛の効果がまばらなので抜けている場所と抜けていない場所がどうしても目立ちます。

しかし、毛周期が他の部位よりも早く回るので脱毛が完了するまでの期間はそこまで長くはかからないと思います。

毛周期が回るのが早く脱毛効果がでやすいとは言っても、目立たなくなるくらいまで脱毛するには10回以上施術をしないといけません。

腕・肘下の毛周期

腕の毛周期は4ヶ月ほどの成長期があった後に、5~6ヶ月の休止期に入るため毛周期のサイクルが回るまでに約1年ほどは時間がかかります。

生え変わるのに時間がかかるために、腕の毛で成長期に入っている毛と退行期に入っている毛で脱毛の効果がでるまでに差がでるため、どうしても毛の生え方がまばらになります。

毛周期のサイクルが長いため腕や肘下に生えている毛を完全に脱毛するまでには年単位で時間がかかるので、そのことを考えて脱毛するタイミングを決めましょう。

ミュゼの脇脱毛の効果は?/脱毛の経過・脱毛効果

ミュゼの脇脱毛はワキ脱毛を何回すればいい?

ミュゼの脱毛方法/SSC脱毛の特徴

SSC脱毛とは脱毛専用のジェルを塗布した後に、肌の上からクリプトンライトと言われる光を照射して、ジェルに含まれる制毛成分の効果で脱毛する方法です。

ミュゼでは脱毛専用のジェルをIPS細胞培養液を配合した美容液のIPトリートメントエッセンスを使用しているため、脱毛効果は30%UPしお手入れ時間は約20%短縮しました。

さらに、IPS細胞培養液を使った効果で美肌効果もUPしているため肌をいたわりうるおいを与えながら脱毛ができます。

SSC脱毛はどんな太さの毛にも効果があり肌に負担がなく脱毛できることが特徴ですが、直接的に毛が生える細胞を破壊するレーザー脱毛やニードル脱毛と比べるとすぐに効果を実感できないというところがあります。

光脱毛の施術後は2週間ほどで毛が抜け落ちる

光脱毛をした後は2週間ほどすると自然と毛が抜け落ちていきますが、いくつかの毛は光脱毛をしてから瞬間的に毛が抜け落ちていくこともあります。

光脱毛の特徴として脱毛をした直後にゴッソリと毛がなくなるというのではなく、2~3週間後にポツリポツリと毛が自然と抜け落ちていき、目に見える形で脱毛効果を感じるまでには1ヶ月くらいはかかります。

なぜ2~3週間と時間がたってから毛が自然と落ちてくるのかというと、光脱毛で照射されダメージをおった毛は抑毛されるために、それ以上成長せず毛穴から出ている状態になります。

毛穴から出ている状態になるまでに2~3週間の時間がかかり、お風呂に入ったり服を着た時の擦れ合いによって毛が自然と抜け落ちます。

このように毛が抜け落ちるまでには時間がかかるので、焦って無理に抜こうとするのはやめましょう。

光脱毛は回数を重ねると毛質が細く柔らかく変化する

光脱毛によって毛根にダメージが与えられると、毛はそれ以上成長できなくなるので、自然に生えるのが遅くなったりして細く弱い毛に変化します。

この過程を光脱毛の施術を重ねることによって、毛は目立たなくなりそのおかげで自分で自己処理をする回数も減っていきます。

ただし、光脱毛の出力がレーザー脱毛やニードル脱毛などと比較するとどうしても低いのでこの効果がでるまでにはけっこう時間がかかります。

ただ、脱毛効果がでるまでにかかる時間が長いぶん痛みや肌へのリスクは高くはないので、時間をかけてもいいので痛くなく施術をしたいという人にはピッタリの脱毛方法になっています。

光脱毛は脱毛の効果を得るまでに時間がかかるので、効果が出てきたという目安として毛が細くなってくるというのを見逃さないようにしましょう。

光脱毛は3~6回で毛が薄くなるのを実感しはじめる

もちろん人によって毛の濃さや施術している部位に違いがあるので、一概には言えませんが光脱毛をで毛が薄くなるのを実感するのは3~6回目だと言われています。

3~6回目というと毛周期に合わせたとして、約4ヶ月~9ヶ月の期間です。

3~6回くらい光脱毛をして毛根にダメージを与えるとだんだん毛を作り出す効果が弱くなっていくので、生えてくる毛も脱毛をする前の毛と比べると弱く薄い毛になっていきます。

3~6回くらい施術をしたとしても薄くなっていない毛は、うまく成長期に光脱毛ができずに生き残っている毛なので、そういった毛を7~13回目くらいの施術を通して脱毛していくので、どうしても脱毛の期間や回数は多くなってしまいます。

光脱毛は7~10回で自己処理が楽になる

光脱毛をして毛が細く目立たなくするだけでなく、自己処理が楽になるくらいまで脱毛したいのなら10回くらいは施術を受けてください。

脱毛しようとしている部位の1本1本の毛にはどの毛も毛周期が存在しているので、全部の毛を一気になくすということはかなり難しいです。

自己処理が楽なムダ毛の状態という毛自体があまり生えてこず、生えてきたとしても力なく弱々しい毛ということだと思うので、そういう状態にするには1年以上は脱毛サロンに通って、10回以上は施術を受けましょう。

なのでミュゼで脱毛プランを契約するときには、最低でも全身脱毛10回プランを契約してください。

そうすると生えてくる毛が劇的に減ったことを実感できて、自己処理が楽になると思います。

光脱毛は12回以上で毛がほとんどなくなる

光脱毛でほとんどの毛をなくしムダ毛が気にならなくなる状態にするには、12回以上のプランを契約して脱毛しましょう。

12回以上脱毛をするためには毛周期なども考えて2~3年はかかるという計算になります。

ただし、この12回以上というのはあくまでも目安なので脱毛する部位がVIOやワキのように元々毛が濃かったり、毛周期のサイクルが回るのが遅いという部位は20回以上は通わないとう、毛がほとんどなくなるという状態にはなりにくいです。

脱毛をするまえにムダ毛がほとんどなくなるという状態が自分の中でどのような状態なのかを、一度整理してから脱毛したほうがいいです。

何回も光脱毛をしているのにも関わらず自分が思ったような状態にならないのであれば、脱毛方法を変えてみることも必要になります。

光脱毛は完了までに2~3年かかることがある

光脱毛はメラニン色素に反応して脱毛するために、成長期の毛にしか効果を発揮できません。

そのため毛周期のサイクルが早い部位については、そこまで期間がかからずに脱毛ができるのですが、毛周期のサイクルが長い部位には施術が終わるまでにかなりの時間がかかるので、脱毛が完了するまでに2~3年はどうしてもかかってしまいます。

しかも、この期間というのは施術間隔をしっかりと守りながら計画通りに通えた場合を想定しているので、施術を受けないといけないタイミングで受けられなかったりするとさらに伸びてしまいます。

そのため光脱毛を受ける前には自分が受けたいと思っている部位の毛周期の期間と、その期間が順調に施術が受けられるのかというのを判断してから脱毛を始めたほうが早く終わると思います。

ミュゼのワキ脱毛の料金/ワキ脱毛プランについて

ミュゼの脇脱毛のワキ脱毛は何回するのか?

両ワキ+Vライン完了コースの料金プラン

回数 通常価格 特別価格
無制限  59500円 100円

両脇とVラインの2つをまとめて回数無制限で施術できるコースとなります。

通常価格は59500円ですが、ミュゼプラチナムを利用するのがはじめての方限定で特別価格の100円で利用することができます。

100円で脱毛できるので脱毛するのがはじめてという人にはぴったりなプランになっていますし、脱毛完了するまでに時間がかかる両ワキとVラインの2つのコースをこの価格で、しかも無制限で通えるというのはかなりお得です。

通常なら回数を指定して通うコースが多く、そうなるとどうしても脱毛効果がでにくい部位は最初に思っていたよりも脱毛回数が必要となり、思った以上に脱毛料金も期間もかかるということになります。

回数無制限のコースだとそうなる心配もないので、追加料金なしで脱毛ができます。

フリーセレクト美容脱毛コース/Sパーツの料金プラン

Sパーツデイプラン 通常価格 今だけ!

特別価格

2回 12,000円
8回 48,000円 14,720円
12回 72,000円 21,758円
Sパーツレギュラープラン 通常価格 今だけ!

特別価格

2回 15,000円
8回 60,000円 18,240円
12回 90,000円 27,196円

Sパーツプランは体の部位の中でも比較的小さな箇所の脱毛に向いているプラントなっています。

自分が脱毛したい部位と回数を自由に組み合わせて脱毛できるので、脱毛サロンにあるプランではなく自分だけのオリジナルプランが作れます。

Sパーツのプランには2つのプランがあり、平日の12時~18時までの間で予約をとり通えるデイプランと、オープンからクローズの間の時間で通えるレギュラープランに分かれています。

平日の日中に通えるという人はデイプランのほうが安く通えるますし、どうしても日中には通えないという人は少し料金は高くなりますが、ナイトプランで契約しましょう。

デイプランとナイトプランの料金の違いは回数によりことなりますが、だいたい6千円くらいの違いがでてきます。

ミュゼはワキ脱毛だけで通える?

ミュゼでワキだけを脱毛したい場合はフリーセレクト美容脱毛コースのSパーツだと通えます。

両ワキ+VラインのプランだとVラインも入っているので、ワキだけを脱毛するということはできずに、Vラインも脱毛することがコースに入っています。

その他のプランでも全身脱毛だともちろんワキの脱毛も入ってはいますが、セレクト脱毛やワキ+Vラインの脱毛と比べると、かなり割高になるのでワキだけを脱毛したいという人には向いていません。

ミュゼでワキ脱毛ができるのが、両ワキ+Vライン脱毛、全身脱毛、セレクト脱毛Sパーツの3つのプランしかなく、この中でワキだけをピンポイントに脱毛できるのはセレクト脱毛Sパーツパーツのみです。

ワキ脱毛だけならフリーセレクト美容脱毛コース(Sパーツ)がおすすめ

ワキ脱毛だけを脱毛したいのならフリーセレクト美容脱毛コースSパーツを選びましょう。

全身13箇所の中に両ワキを選べるのでワキを選んでから、できるなら12回コースよりも一生涯通える完了保証コースで契約したほうがいいです。

なぜかというと、12回コースプラント完了保証コースのプランだと、値段が1万円くらいしか変わらないということと、多くの人がワキ脱毛を12回では終わらないということが多いからです。

多い人だと自分で満足いくまで20回近く通う人もいるので、完了保証コースにしていたほうがのちのち楽です。

デイプランとレギュラープランのどちらを選ぶのかは、契約する人の日頃の予定によってかなり左右されるのですが、お金に余裕があるのなら予約できる時間帯の範囲が広いレギュラープランにしましょう。

ミュゼのワキ脱毛の効果や回数のまとめ

ミュゼの脇脱毛のワキ脱毛は何回?

ここまでミュゼのワキ脱毛について説明してきました。

脱毛する時に重要となってくるのは適切な毛周期に合わせて脱毛をするということです。

一般的なイメージとして短い間隔でバンバン脱毛すると、脱毛効果が高くなるというような考えがあるかもしれませんが、毛にはどうしも毛周期というものが存在しているので、いくら施術を繰り返しても成長期に脱毛ができないと効果がありません。

そのため満足いく脱毛が完了するためには1年以上の時間と10回以上の回数が必要となります。

ワキ脱毛を完了して見た目がよくなり自己処理も楽になりたいのなら、早めに施術をはじめることをオススメします。

また、ワキは思ったよりも毛が抜けるのに回数がかかるので、無制限コースでプランを契約すると追加の料金を心配することがなくなります。

【ミュゼの口コミ】ミュゼプラチナムの評判と脱毛の効果について
この記事ではミュゼの口コミについて書いています。ミュゼプラチナムの評判について、良い口コミと悪い口コミの両方の意見を書いています。実施にミュゼプラチナムで脱毛すると効果が実感できるのか、ということについても詳しく説明しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました