【銀座カラーの解約】電話と面倒?返金はいつ?返金額と解約方法と返金保証とクーリングオフや違約金

この記事で書いてある銀座カラーを解約する方法を要約すると。

・銀座カラーをクーリングオフで解約するには、契約した日から8日以内で、契約金額が5万円を超えて、契約期間が1ヶ月を超える3つの条件が必要です。

・銀座カラーを解約するときは解約金が返金額の10%(最大2万円)かかります。

・解約する方法は店舗で解約するか電話で解約するかの2つ。

銀座カラーを解約する方法について、契約したプランに応じた返金額や違約金の料金について書いています。

また、クーリングオフを使って解約する時の手順と、普通に契約している途中で解約する場合の2パターンの解約方法を解説しています。

銀座カラーは途中解約できる?

銀座カラー・解約・解約方法・違約金・返金保証・クーリングオフ・方法

銀座カラーは契約日から8日以内ならクーリングオフが可能

銀座カラーの契約では、全てのプランに対してクーリングオフを適用することができます。

これは、一定の期間内であれば、無条件で解約することができるという仕組みです。

このクーリングオフは、銀座カラーと契約を結んた日を1日目として、契約日から8日以内に必要事項を書面に記入し、手順に従って解約の手続きを済ませることができる制度です。

また契約日から8日を過ぎてしまった場合であったとしても、契約内容に沿って、契約を続けることができない場合などには、途中で解約をすることは可能になっています。

この場合、銀座カラーで定められた解約手数料が発生してしまいますが、解約手数料とすでに施術を受けた分の料金を差し引いた金額が返金されます。

銀座カラーはいつでも簡単に途中解約が可能

銀座カラーの契約を、クーリングオフの方法ではなく、途中解約の場合で申し出る時には、書面での手続きを行うことができません。

店舗に直接出向いて、解約の意思を伝え、解約の手続きを行うか、銀座カラーのコールセンターへ電話をして、解約の意思を伝える必要があります。

解約の意思を伝える時には、契約時の書類が必要になります。

また解約手数料とすでに施術を受けた分の料金を差し引いた返金額が発生する場合には、それを受け取るための口座の情報がわかるものを手元に用意しておくとスムーズです。

分割払いにした人は自分が支払いに指定したクレジットカードなど、分割払いを行うために用意したものと同じものを用意しておくと良いでしょう。

銀座カラーの解約金(手数料)や返金額について

定められたクーリングオフの期間内(契約日を1日目とし、8日目まで)であれば、解約に伴う手数料が発生することは一切ありません。

ただし、契約日から9日以上経っている場合はクーリングオフが適用されず、途中解約をすることになり、解約手数料が発生してしまいます。

契約時からまだ施術を受けていない未施術分にあたる額の10%または2万円のうち、いずれかの低い額が、解約時に発生する手数料となります。

この解約に伴う手数料の金額の規定は、特定商取引法の第49条に定められたものであり、解約される側は、最大でも2万円以内の手数料金の支払いに納める必要があります。

この規定に基づいて、これ以上の額を解約手数料として支払う必要はありません。

銀座カラーの解約金(手数料)1・クーリングオフの場合は手数料は0円

一般にクーリングオフとは、一度交わした契約を帳消しにすることができる制度のことです。

これを適用すると、契約したこと自体をなかったことにできるため、手数料や違約金を取られることがありません。すでに支払った金額がある時は、全額が返金の対象になります。

ただし、クーリングオフが適用されるにはいくつかの条件が必要です。

その条件とは、クーリングオフを申し出る日が、契約日を1日目として、契約日から8日以内であること。

契約したプランが1ヶ月以上であること。その契約金額が5万円以上であること、と決められています。

銀座カラーの場合は、提供されるプランの全てが1ヶ月以上であり、さらに契約の金額は5万円以上であるため、契約日を1日目としてから8日以内であればクーリングオフが適用されることになり、手数料や違約金がかかることなく、すでに支払った金額は、全額返金の対象となります。

クーリングオフの条件1・契約した日を含む8日以内

無条件で解約することができ、すでに支払った金額の全額が返金の対象となるクーリングオフには条件があります。

契約をした日を1日目として、契約日から8日目以内に、解約を申し出なければなりません。

銀座カラーでは、契約日から8日目までの解約(クーリングオフ)を必ず書面にて行わなければならないことが決められています。

契約日や脱毛契約のプラン、返金額やクーリングオフを申し出る日、自分の住所や氏名を記載した上で、解約の意向を示す文言を記入し、簡易書留または特定記録郵便など、双方に配達が記録される形で郵送します。

この文書は当日消印が契約日なら8日目まで有効になります。

文書を書き終えたら、自分の手元にも残るように全ての文面のコピーを取り、保管しておきましょう。

クーリングオフの条件2・契約金額が5万円を超える

クーリングオフを申し出る時に、契約をした時に支払った金額の全額を返金してもらう場合には、契約をしたことで発生した契約金額が5万円を超えていなければなりません。

これは、特定商取引法という法律で定めたれた規定に基づいたものです。

ただし、銀座カラーでは、どのプランに契約したとしても、またどの割引サービスを利用したとしても、契約金額が5万円を下回ることはありません。

またクーリングオフ内の解約に関して、クーリングオフの期間内であるならば、解約を行うための手数料が発生することもありません。

なので、契約をした日を1日目としてから8日目までの解約を申し出る場合(クーリングオフ)にかかるお金は、クーリングオフを申し出る文書を銀座カラーに送るための郵送料のみとなります。

クーリングオフの条件3・契約期間が1カ月を超える

クーリングオフを適用することができる契約内容には、契約したプランが1か月以上である必要があります。

銀座カラーに用意され、提供されているプランは、どのプランであったとしても、全て1ヶ月以上ですから、契約期間に関して、クーリングオフの対象とならないことは考えられないでしょう。

このことによって、どのプランに契約していたとしても、契約をした日を1日目として、8日目以内に文書で解約の意向を伝えた場合には、クーリングオフが適用されることになります。

クーリングオフは、サービスを提供される側である消費者の権利として、特定商取引法によって守られていますが、あくまでもやむを得ない場合を想定して作られたものですから、契約する時には、この契約を続けることができるのかをよく考える必要があります。

銀座カラーの解約金(手数料)2・クーリングオフ期間以降は返金額の10%

では、クーリングオフの期間を過ぎてしまって、解約したい場合には、契約金額はどれくらい返金されるのでしょうか。

クーリングオフの期間を過ぎてしまったとしても、途中で解約することは可能ですが、この場合は、クーリングオフ期間内の解約とは違って、契約金額の全額が返金の対象とはなりません。

契約をした日から9日目以降に契約の解除を申し出る途中解約は、解約手数料が発生してしまいます。

この解約手数料は、まだ施術を受けていない分にあたる契約残額の10%に相当する金額、または2万円のうち、いずれか低い額が提示され、解約をする時に発生する解約手数料として定められています。

これは銀座カラー独自で定められた解約手数料の算出方法ではなく、特定商取引法によって定められた算出方法になります。

解約手数料は最大2万円以内

クーリングオフ期間内にクーリングオフを利用することなく、契約をした日から9日目以降に契約を解約を申し出る場合、解約手数料はまだ施術を受けていない分にあたる契約金額の残金の10%または2万円のうちどちらか低い額が適用されることを書きました。

これは言い換えれば、最大であったとしても2万円以上の解約手数料がかかることがないとも考えることができます。

銀座カラーに限らず、どんな契約であったとしても契約をした日を1日目として8日目までに解約の意向を文書で申し出て、クーリングオフが適用された場合には同じことが言えます。

ただし、解約手数料が最大で2万円で済むからと言って、無計画に契約をするのは好ましくないことは言うまでもありません。

クレジットやローンの場合も途中解約できる

契約をした時の金額が高額になるため、クレジット払いにしたり、ローンを組むという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカード払いにしたり、ローンを組んだとしても、契約を途中で解約することは可能です。

ローンを組んでいたとしても解約をする可能ですが、ローンの契約と脱毛プランの契約は、それぞれ窓口や連絡先が違うので注意しましょう。

脱毛プランの契約の解約は銀座カラーに書面を送ったり連絡すること可能ですが、ローン払いに関しては支払い回数が終わるまで続くことになる場合もあるため、注意が必要です。

また解約した時に返金された金額から、ローン会社に一括で返済をしたい場合にも、銀座カラーへの連絡ではなく、ローン会社への連絡が必要になります。

銀座カラーの返金額の計算方法

銀座カラー脱毛し放題プランを解約する場合(242,000円/総額)

回数 返金額
1回 181,667円
2回 145,201円
3回 101,001円
4回 108,901円
5回 36,302円
6回 2円
7回目以降 返金なし(途中解約は可能)

銀座カラーの返金時期は解約から3週間ほど

銀座カラーの契約を解約してから、契約の残金が返ってくるのは、約3週間ほどかかると言われています。

解約を申し出た時に指定した銀行口座に振り込まれる形で返金が完了します。ただし3週間経っても返金の確認ができない場合には、銀座カラーに問い合わせを行ったほうが良いかもしれません。

銀座カラーでは休会制度を設けているため、やむを得ない事情や理由によって、長期間通えなくなっても、すぐに解約を決める必要はありません。ただし、休会中にもローンの払いは発生してしまうために、休会中はローンの支払いを止めたいという人は、契約を途中解約する必要があります。

プランやこれまで受けた施術回数などによっては返金額がない可能性もありますから、解約をする時はよく考えて判断するようにしましょう。

銀座カラーの解約方法/解約の理由について

銀座カラー・解約・解約方法・違約金・返金保証・クーリングオフ・方法

銀座カラーの解約方法1・店舗で解約

銀座カラーの解約方法には、店舗に来店し直接スタッフに申し出る方法、電話で解約する方法、書面で解約を申し伝える方法という三つの解約する方法があります。

施術や他のサービスを受けるために店舗に行くための予約を入れていない場合には、解約の手続きをするための予約を店舗に入れる必要があります。

店舗への予約の電話をする時に、解約したいための予約であることを伝えましょう。

解約のために店舗を訪れる時には、契約時の書類や印鑑、返金を受け取るために指定する通帳やキャッシュカード、またはその情報、さらに契約をクレジットカードでの分割支払いで行った場合はそれに使ったクレジットカードなどを持っていくと良いでしょう。

銀座カラーの解約方法2・電話で解約

銀座カラーではコールセンターに電話をすることで、契約の解約を受け付けてくれます。

コールセンターに電話をする時には、店舗を訪れて解約する時と同じように、契約時の書類、返金を受け取るために指定する通帳やキャッシュカード、またはその情報、さらに契約をクレジットカード払いでの分割支払いで行った場合はそれに使ったクレジットカードを手元に用意した上で電話をけけるとスムーズに行うことができます。

また、必要なことを書き取っておくためのメモなどを用意しておくと便利かもしれません。

店舗で行う解約でも同じですが、コールセンターに電話をした時に解約の理由を聞かれるかもしれませんが、取り立てた嘘をつくひつようはなく、引き止められない理由を話せば大きな問題にはなりません。

どの解約(退会)方法でも解約の理由は聞かれる

店舗を訪れて、解約を申し出て手続きをする場合でも、コールセンターに電話をして、解約を申し出て手続きを行う場合でも、解約の理由を聞かれます。

どうしても解約の理由を聞かれたくないという人は書面での解約という方法がありますが、店舗に訪れて解約をする方法や、コールセンターに電話をして解約をする方法に比べると、ご自身で用意して記載しなければならないという手間があるとともに、解約における書面を簡易書留または特定記録郵便という双方の記録に残る郵送方法で申し出なければなりませんから、店舗を訪れて解約をする方法やコールセンターに電話をして解約をする方法よりも圧倒的な手間がかかることを覚悟しましょう。

それでも、どうしても解約理由を聞かれたくない人や、店舗に出向くことができない人、またコールセンターに電話をする時間がない人などは書面で解約をすることも可能です。

銀座カラーのユーザーに聞いた解約した理由は?

解約理由1・予約が取りにくい

銀座カラーの解約を申し出た人の理由の一つに、予約が取りにくかったということが挙げられています。

これは銀座カラーに限らず、他の脱毛サロンやクリニックでも起きていることで、言い換えれば、予約が取りにくいということは人気があるということです。

逆にいつでも予約を取ることができるという状況は、利用するお客さんが少ないということが言えます。

また銀座カラーでは予約が取りにくい状況に対応するため、店舗の移動の制限も設けていませんから、一つの店舗のみに通うのではなく、自分の脱毛スケジュールや他の予定などを考慮して、店舗の移動をすることで、予約を調整することも可能ではないでしょうか。

またWEBサイトをうまく利用することで当日キャンセルなどの空きを確認し、自分に合わせた脱毛スケジュールを計画しましょう。

解約理由2・金銭的に継続が難しい

銀座カラーの解約を申し出た人には、金銭的な継続が難しいと言う人もいます。契約をした時のライフスタイルは変化していきますし、それに伴って、かかるお金も変わってきますから、金銭的な継続が難しいというのは仕方のないことなのかもしれません。

ただ、これには脱毛し放題のプランなどを活用することで、半永久的にメンテナンスを受けられるプランが用意されています。

銀座カラーに契約する時にご自身のライフスタイルの変化を検討して、金銭的な継続が可能なプランや割引サービスを活用することで、銀座カラーでのメンテナンスを受け続けることができます。

契約する前のカウンセリング時に料金プランや割引サービスについてよく説明を聞き、きちんと理解することを心がけましょう。

解約理由3・効果が実感できなかった

銀座カラーの解約を申し出た人の中で、脱毛の効果が実感できなかったため、という人がいます。

肌の状態やもともとの体質などによって、契約をした時にはわからなかったことや、施術をしてみてわかったことがあるかもしれません。

これは施術をしていく中で、担当スタッフに相談することが可能です。

ただし、銀座カラーに限らず、多くの脱毛サロンで行う光脱毛は、照射力が弱いために、いわゆる全身ツルツルというレベルになるには2年から3年くらいかかることもあります。

脱毛サロンでの限界を感じて、より効率よく脱毛を終わらせてしまいたいと思うなら、脱毛サロンでの脱毛施術ではなく、医療脱毛をしたほうがいいかもしれません。

どちらにもメリットとデメリットがありますから、自分の望む脱毛をよく考えてみましょう。

解約理由4・効果に納得できた

効果が得られなかったために、解約を申し出る人がいる一方で、十分に効果に納得ができたために解約を申し出る人もいます。

確かに、脱毛の施術が終わったあとも、契約を継続していることはもったいない気もしますが、脱毛し放題プランなど、施術回数に制限がないプランで契約した場合には、あえて解約する理由はあまりないかもしれません。

契約を継続するためには、1年以内に施術を受け続ける必要がありますが、一定の施術回数を超えると、この施術にかかる料金は実質的に考えて無料と言えます。

体調や引っ越し、その他の事情によって、やむを得ず契約を継続することが難しい場合を除いて、効果に十分な納得ができたことで、解約をしてしまうと損にあなる場合があります。

銀座カラーの休会制度について

銀座カラー・解約・解約方法・違約金・返金保証・クーリングオフ・方法

銀座カラーの休会制度の期間/手続きをすれば期限の制限はない

銀座カラーでは長期的に通うことが難しくなった人のために、休会制度というものを設けています。

この制度を利用すれば、入院や妊娠などやむを得ない事情によって長期間に通えなくなることが起きても安心することができます。

休会期間は特に設けられておらず、無期限となっていて、休会の手続きは、コールセンターに電話をするだけで、簡単に完了します。

ただし契約をした時に料金を分割払いにした人は、休会をしている期間であってもローンの支払いは発生してしまうため、休会中もローンの支払いを止めたいという人は、契約を解除する必要があります。

解約をしたとしても、プランやこれまでに施術を受けた回数によっては受けられる返金がなく、かえって損をする可能性もあるため、休会するのか、解約するのかは、慎重に判断しましょう。

銀座カラーの休会方法・コールセンターに電話

銀座カラーの休会制度を利用する方法はとても簡単で、コールセンターに電話をするだけで完了します。

コールセンターへ休会したいことを伝えれば、その他に書類を提出したり、または面倒な手続きをする必要もなく、休会することができます。

ただし、次回の施術予約を休会の手続きをするあとに入れている場合には、施術予約のキャンセルを必ず行いましょう。

キャンセルを行わないと、無断キャンセルになってしまうだけでなく、状況によってはペナルティの対象として処理されてしまい、1回分の施術が消化されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

休会制度を利用することで、途中で通えなくなっても期限を設けられることなく、契約を継続できます。

銀座カラーの休会中の料金について

銀座カラーでは、休会するにあたって料金がかかることはありません。ただしローンの分割払いにした人は、休会の期間中であったとしても、ローンの支払いは発生してしまいますから注意してください。

また、無制限メンテナンスが付いているプランでは、休会の手続きをせずに、放っておくと、契約が自動的に解約されてしまう可能性があります。

休会の手続きさえしていれば問題ありませんが、無制限メンテナンスが付いたプランでは、定期的な更新の手続きが必要なタイミングがあります。

もし休会の手続きをせず、さらに更新の手続きも行わなかった場合には、契約が終了となってしまい、脱毛に通うことができなくなってしまうので、長期間、通えないことがわかった場合には、必ず休会手続きをすると良いでしょう。

ローンの場合は支払いが生じる

銀座カラーを休会しているときでもローンの支払は発生します。

脱毛プランを契約するときに一括で契約した場合は、休会してから次に再開するまでの間に支払が生じることはもちろんありませんが、ローンを組んで月々〇〇円ローンを支払う契約で、銀座カラーと契約したのなら休会中もその支払いは継続します。

銀座カラーを解約できる期限と施術を受けられる期限につきましては、休会することによって期間を延長することができますが、ローン支払は銀座カラーとの契約ではないため、止めることはできません。

ローンの支払も一緒に止めたいのであれば、契約したローン会社に連絡して支払を止めてもらわないといけないので、そこは注意しましょう。

月額制プランの休会制度はない

回数パックプランのように一定の回数を長期間にわたって契約できるのが魅力なのとは違い、いつでも初められていつでもやめられることが魅力の、月額制プランには休会制度というものはありません。

通えないのに月にいくらも支払し続けるのはお金の無駄なので、月額制プランに通っていてなにかの都合で通えなくなったのであれば解約しましょう。

また、月額制のプランでは休会制度が使えないということは、月額制で脱毛を受けてる期間に何かあり通うことができなくなると、通えなくなるということです。

できるなら、休会制度がつかえる回数パックプランを契約したほうが無難なので、月額プランであるていど脱毛効果に満足したのなら回数プランに変更することをオススメします。

休会の理由は問わない(妊娠・仕事など)

銀座カラーで休会制度を利用する場合には、理由を問われることがありません。

病気や妊娠といった場合でも、診断書やそれに代わる書類を提出したり、仕事やその他の事情で休会する場合であったとしても、それを証明する書類の提出を求めれることはありません。

ただし、休会をコールセンターに申し出るだけで休会に関する手続きは完了します。

ただし、施術の予約が休会を申し出たあとの日付ですでに取っている場合には、予約をキャンセルするための連絡をする必要があります。

このキャンセルを行わないと、当日キャンセルの扱いとなり、ペナルティとして、1回分の施術料を消費を課せられる場合がありますから、予約のキャンセルの連絡を怠らないよう注意が必要です。

銀座カラーのクーリングオフの方法について

銀座カラー・解約・解約方法・違約金・返金保証・クーリングオフ・方法

クーリングオフの注意点1・コールセンターに連絡後は書面でも手続きをする

銀座カラーの契約をクーリングオフを使って解約する場合には、いくつかの方法があります。

コールセンターに連絡する場合、店舗へ直接出向く場合、そして、書面を郵送する場合です。

ただし、電話でクーリングオフを受け付けることは、法的に定められた義務というわけではありません。

法律上ではクーリングオフは、書面の郵送での通知と受理が定められています。

このことからも、クーリングオフを電話で申し出た後でも、書面でクーリングオフを通知する必要があります。

必要事項をハガキに記入し、簡易書留または特定記録郵便など、双方の記録に残る形で郵送し、クーリングオフを通知しましょう。

クーリングオフの注意点2・クーリングオフ可能な期間中に書面で通知する

クーリングオフが可能な期間は、契約をした日を1日目として、8日以内と定められています。

これの規定に基づいて、クーリングオフを適用して解約を行いたい場合には、契約をした日から8日以内に申し出るようにしましょう。

郵送で、クーリングオフを通知する場合には、8日目当日までの消印が有効になります。

ハガキに契約日と氏名や住所など、必要な情報を全て記入した上で、銀座カラーにクーリングオフを通知しましょう。

この時、契約したプランや契約金額、また返金に指定する口座情報なども記載する必要があります。

また必要事項を全て記入したハガキは、コピーを取り、クーリングオフが適用されて、指定した口座に契約金額が全額振り込まれたことを確認するまで、大切に保管しましょう。

クーリングオフの注意点3・クレジットやローンを利用している場合はクレジット会社・信販会社にも通知する

銀座カラーの契約の支払いをクレジットやローンによって、支払った人は、クレジット会社やローン会社にも、クーリングオフを行った旨を通知する必要があります。

クレジット会社やローン会社に通知する内容は、氏名や住所はもちろんですが、銀座カラーとの契約であること、契約日、契約内容、その金額など、契約の支払いに関わる情報が必要ですから、契約書などを用意して、記入漏れがないようにしましょう。

必要な情報を全て記載したら、銀座カラーに書面で通知する時と同じように、簡易書留または特定記録郵便など、双方の記録に残る形で郵送し、通知します。

書面でのクーリングオフの通知は手間がかかりますが、双方に通知が記録される他、コピーを取ることで書面が手元に残りますから、トラブルを減らすことにも繋がります。

クーリングオフの注意点4・特定記録郵便や簡易書類で送る

クーリングオフの書面はハガキで行います。

氏名や住所、契約内容や契約金額など、必要な情報を全て記載したら、必ずコピーを取りましょう。

必要事項に漏れがないことを確認したあと、簡易書留または特定記録郵便で、銀座カラーに通知しましょう。

クレジットやローンを使った人は、同じように、クレジット会社やローン会社にも、銀座カラーとの契約を解約した旨を通知しなければなりませんから、忘れないようにしましょう。

電話でもクーリングオフを受け付けてくれますが、これは法律で定められた義務ではないので、電話でクーリングオフを申し出たあとでも、書面での通知をすると良いでしょう。

その場合も同じように、簡易書留または特定記録郵便を使うと良いでしょう。

クーリングオフの注意点5・書面のコピーや送付記録は保管しておく

銀座カラーに対して、簡易書留や特定記録郵便などでクーリングオフを通知した書類は必ずコピーを取りましょう。

少なくともこれは、契約金額が指定口座に返金されたことが確認できるまでは大切に保管する必要があります。

またコピーを保管することは、クレジット会社やローン会社に通知した書面も同じです。

解約に関する書類というのは、銀座カラーと契約した時の契約書類と同じように大切なものですから、銀座カラーの契約に関わる書類として、クーリングオフが完了するまでは保管しましょう。

また、クーリングオフが完了したからといって、すぐに破棄してしまわず、一定の期間は保管したほうが、何かトラブルが起こった時のために対応できるかもしれません。

クーリングオフの書面の書き方/記載事項

記載事項の7つ
  • 契約(申込)年月日
  • 販売会社名
  • 担当者名
  • 商品名(権利・役務名)
  • 契約金額
  • 契約を解除(クーリングオフ)する旨
  • 発信日
  • 契約者住所、氏名

銀座カラーの解約方法・解約手数料のまとめ

銀座カラー・解約・解約方法・違約金・返金保証・クーリングオフ・方法

銀座カラーでは、契約した日を1日目として8日以内に解約を申し出るとクーリングオフが適用され、契約した金額の全額が指定した口座に返金されます。

これには3週間程度かかるようです。

また、クーリングオフの期間を過ぎてしまったとしても、解約することは可能で、この場合、未施術分にあたる金額の10%または2万円のうち、どちらか安いほうの解約手数料がかかります。

ただ、特定商取引法によって、2万円以上の解約手数料がかかることがないことが決められていますから、解約にあたって必要なお金が2万円以上になることはありません。

また、やむを得ない事情によって、長期的に通えない人のために、銀あカラーでは休会制度が設けれています。

これには期限が設けられていないため、解約してしまうのが良いのか、休会制度を利用するほうが良いのかをよく検討したほうが良さそうです。

【銀座カラーの口コミ】悪い?効果ないの?料金と効果と脱毛と料金プランについて
銀座カラーの口コミについて記事を書いています。脱毛サロンの予約はどのように取るのかや、全身脱毛の値段の相場はどれくらいなのかを調査して書きました。銀座カラーを選ぼうか迷っているかたに向けて、料金プランや脱毛器の効果について書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました